ペットのお庭つくり

service5_00

愛犬と暮らす庭づくり

かけがえのない愛犬との暮らしの中で
『今よりもっと一緒に過ごせる空間』
『今よりもっと心を通わせる空間』
そんな『繋がれる場所』をたかはし庭園がプロデュースいたします。

service5_01

とあるお客様から
・雑草と水たまりで犬を庭に出せない。
・犬種はコーギーでヘルニアには特に気を付けなくてはならない。
・地面を固めてしまうと自由に走らせたり出来ない。
とご相談をいただきました。

私たちは犬種の特性や雑草対策を考慮し、人工芝でよりクッション性の高い35mmをご提案し施工いたしました。
暗く雑草に覆われたお庭は、とてもスッキリして広く明るく大変身しました。
クッション性のある人工芝で愛犬が安心・安全・快適に走り回る姿を、ご家族みんなが眺めて笑顔が増えたそうです。

service5_02

たかはし庭園の看板犬として活躍しているスタンダードプードル『レオン』とミニチュアプードル『ルイス』は約2年半前に縁があり、スタッフの一員として活動しております。とっても元気でとっても人懐っこい彼ら。

昼間は看板犬・夜は地域の安全を守るため『ワンワンパトロール隊』としてお散歩を兼ねて夜回り活動をしています。

地域のたくさんの方々からお声をかけていただき、たくさんの愛犬家の方々との交流の場が増えて明るく賑やかな日々を送っております。
犬と犬のつながりは、人と人をつなげ『絆』がうまれます。

たかはし庭園は、人と愛犬が快適に暮らせ『絆』がより深まるお庭をご提供しております。

どんな小さな『困った』でも構いません。

私たちスタッフは安心・安全・快適な環境を重視し、ご家族と愛犬に幸せを感じて頂けるような空間づくりをご提案いたします。

愛犬のための庭づくり 3つのポイント

今、こんなことでお悩みでしたら・・

  • 愛犬をお庭でおもいっきり遊ばせたいけど、泥だらけになってしまう。
  • 硬い地面で足腰が心配。
  • お庭から外へ出てしまったらどうしよう。

せっかくのお庭があっても、ワンちゃんの快適さと安全面が考慮されていない状態だとしたら、事故の危険がいっぱいです。
お口に入れると危険な有害植物もあります。

たかはし庭園では、以下の3つのアプローチでお客様のお悩みを解決します。

人工芝

お庭のメンテナンス・ワンちゃんの負担やケアを考えると人工芝はオススメです。
排泄の面を考えた場合、天然芝は傷んでしまいます。

コンクリートは、そこに座り続けたわんちゃんを見てもらうとわかるように、関節の部分(ひじや膝)が地肌がはげてしまい、痛々しい体になってしまいます。

砂利でもわんちゃんの足には強く走りつつければ、痛みが走り優しいとは言えません。

その点、人工芝はクッション性もあり、足腰にも優しく、なおかつ天然芝のようなメンテナンスも必要ありません。

排泄に関しては水で洗い流せるので、トイレトレーニングの際にも活用出来ます。

フェンス

愛犬の脱走防止・事故防止のための安全性を考えたフェンス。万が一!!を多面から考慮しご提案致します。

ウッドデッキ

足が汚れるのが困る場合、お庭にウッドデッキを設置すれば汚れる心配なく日向ぼっこが出来ます。

ドッグガーデンの施工事例をご紹介します。

たかはし庭園では、大切なわんちゃんのことを考えたお庭作りを提案しています。
「いろいろと検討しているけど、結局どんな形がいいのかしら?」
とご不安な方へ、私たちがこれまでの経験からベストなご提案をさせていただきます。

service5_03雑草に覆われた場所はペットにとって怪我やフィラリアの心配があり、安心して遊ばせられません。人工芝を設置すると、蚊の発生を軽減しヘルニア予防になりますし、何よりも愛犬が楽しそうに走り回る姿をみて心が和みます。

service5_04愛犬のためのドッグランであり、家族のコミュニティースペース。晴れた休日はお庭で過ごす時間が増えそうですね。人工芝で一年中グリーンが保て過ごしやすいガーデンスペースになりました。

よくあるご質問

質問:
料金はどのくらいしますか?

・人工芝・・30mm、35mm  施工費込¥6,000~
・フェンス・・種類、寸法により異なります
・ウッドデッキ・・種類、寸法により異なります。